意中の人と連絡を取るのに心理戦を持ち込むのはNGです。

意中の人との連絡の取り方

 

好きな人になんと返信するか考えている女性

 

家族や友達と連絡を取る時と、好きな人とでは連絡の取り方を変えている人も多いかと思います。連絡の取り方を意識するのは、気になる人ができた時、やり取りを始めたばかりの時です。

 

まず悩みとして多いのは、用事がないけど連絡をしたい時です。

 

何とか用事を作ったり、悶々と悩むより、軽い気持ちで連絡を取って、次の出方を考えるのがおすすめです。

 

どんな反応が返ってくるかで、他愛もないやり取りができる人か、用件のみのやり取りだけが良いのか分かります。

 

また、メールやラインが良いのか、電話の方が好きなのかも分かってきます。

 

意中の人と他の人とで連絡の取り方を変えている場合に多いのが、相手から連絡がきた時の返事の仕方です。

 

あえて返事をするまで時間を置くという人もいますが、そこは変に駆け引きせず、見たら返事をする方が好印象になります。

 

もし、連絡をくれた人があなたに好意があって連絡してくれたのだとしたら、返事を待っているわけですから、すぐに返事が来る方が嬉しいのです。

 

そうでなくても、意図的に時間を置くことで、返事を待つ側に嫌がられているという誤解を与える可能性があります。

 

連絡の取り方に関する悩みで、毎回自分ばかりが連絡するのは気まずいと感じることがあります。

 

たしかに、相手から返事がないのに次々と連絡してしまうのはよくありませんし、相手の都合を考えず頻繁に連絡するのは考えものです。

 

ただ、ちゃんと返事が返ってくるのなら、いつも自分からだとしても大丈夫です。
相手の負担にならないような連絡の取り方を考えてみましょう。

 

それと、やり取りを続けたいがために、質問をする方法は、質問が多すぎると答える側への負担が大きくなります

 

質問すれば答えてくれるので、やり取りの時間は延びますが、それが負担になった場合は、次第に連絡が取れなくなる可能性があります。

 

意中の人との連絡は、駆け引きを持ち込まず、好意が伝わるくらいでちょうど良いのです。