告白する時は、真っ直ぐに自分の気持ちを伝えましょう。

告白

 

告白に向けて花束を用意した男性

 

片思い期間の総仕上げ、それぞれの気持ちを確かめる作業が告白です。

 

自分から告白したい人も、告白されるのが理想という人も、好きな人との関係が次のステップに進む時には、どちらかが行動を起こします。

 

もし、2人の関係を変えるために自分から告白することにしたら、次のことを思い出してみてください。

 

告白する時は、気持ちを素直に伝える努力をします。

 

気の利いた告白をしようとして、言いたいことが伝わらないようでは困るからです。
何が言いたいのか分からないような表現ではなくストレートに伝えることが大切です。

 

自分では十分伝わると思っても、相手は分かっていないこともあります。「好きとは言われたけど、付き合ってとは言われていない」なんて悩みを聞いたことがあります。

 

これは、告白した方は好きと付き合うはセットであり、同じ意味でもあるのに対して、告白された側は好きと付き合うを別々に捉えているために起こります。

 

また、告白する状況やタイミングも重要です。

 

その場のノリや冗談で言ったように受け取られては、本当の気持ちが伝わらず、流されてしまうかもしれません。

 

意を決した告白を流されないようにするためにも、真剣な気持ちであることを丁寧に伝えましょう

 

周りが騒がしく落ち着かない場所での告白も避けたいところです。
気になる事があると、話している内容が耳に入ってこなくなります。

 

ちゃんと伝わったか心配になるような場所は告白に向いていないので、目の前の相手に集中できるような場所を選びましょう

 

そして、相手の状況にも配慮が必要です。

 

誰かから好意を抱かれるのは嬉しいことですが、それを受け入れられる精神的な余裕がないと想いは成就しないからです。

 

告白は、気持ちの伝え方も、それぞれの状況やタイミングも上手く合うことでようやく成功するのです。